産後の抜け毛はいつまで続くの?対策と考え方

抜毛

産後の抜け毛はいつまで続くの?対策と考え方

出産をした女性の約7割が産後の脱毛を経験しているといわれています。産後の脱毛は、出産後に起きてもおかしくはないことなので、重く受け止めないでください。

また、抜け毛がいつまで続くのか不安な方もいることでしょう。
ここでは、産後女性の多くが抱くそのような疑問に答えつつ、対策なども紹介します。

 

産後に髪が抜ける原因


産後に脱毛する最大の原因は、女性ホルモンの変化とされています。
妊娠中、女性ホルモンである「プロゲステロン」と「エストロゲン」が増加します。毛髪は一定のサイクルで生え変わるのが一般的ですが、これらのホルモンが増えることで毛髪が抜けにくくなります。そのため、妊娠中に毛髪だけでなく体毛も濃くなることがあるのです。

出産を迎えると、妊娠中に増えていた女性ホルモンの量が通常通り戻るために減って、子宮も出産前より大幅に縮むなど、目には見えませんが大きな変化を遂げます。女性ホルモンが減ることで抜けていなかった毛が一気に抜けます。

ヘアサイクル(毛髪が生え変わる周期)は成長期・退行期・休止期が繰り返されるのですが、出産後に大量の毛髪が抜けて休止期に入ることで一時的に薄毛になります。休止期の約3ヶ月が過ぎれば徐々に発毛し始め、正常なヘアサイクルに戻ります。個人差はありますが、産後6~12ヶ月で毛量は改善するとされています。もし、1年経過しても薄毛が改善しない場合は、医師にご相談ください。

また、出産してから初めの1ヶ月は、母体の回復と生地に追われる大変な時期となっています。子育てによるストレス・睡眠不足などが抜け毛を発展させると考えられています。

産後の抜け毛対策

産後の脱毛は一時的なものですが、それでもその間の薄毛は非常に気になると思います。ここでは少しでも抜け毛を防ぐために積極的に取り入れたい栄養素を4つ挙げます。

カルシウム

出産後、カルシウムは特に不足しやすくなる成分です。この成分には、毛髪にツヤとコシを与える働きがあります。カルシウムが多く含まれる食品は、乳製品・小魚などにたっぷり含まれています。

たんぱく質

たんぱく質は大豆などに多く含まれており、大豆に含まれる「イソフラボン」には女性ホルモンと似た働きがあるため、毛髪の成長を促してくれます。3食のうち1食に納豆を取り入れると手軽に摂取することができます。

ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンの8種類で構成されています。これらのビタミンは頭皮環境を改善したり、たんぱく質と一緒に摂取したりすることで毛髪を生成する働きがあります。
また、毛髪の主成分「ケラチン」はビタミンB6がなければ作ることができないため、ビタミンは非常に重要な栄養です。肉・魚・バナナなどにビタミンB6が含まれているので意識して摂取すると良いでしょう。

ミネラル

亜鉛や鉄などのミネラルは、毛髪を健やかに育ててくれます。特に、牡蠣は亜鉛の含有量が豊富で、6個食べると成人男性の1日に必要な亜鉛の量を満たすといわれています。偏りに注意しながら、さまざまな食材を組み合わせてバランス良く食べましょう。
また、最近では産後の抜け毛に特化した育毛剤が登場しており、そうのような育毛剤を使うのも一つの手です。

おわりに

出産後の抜け毛は多くのお母さんが経験し、自然に回復するものです。洗髪時、髪が大量に抜けるといった経験をすると、心配になるかもしれません。ですが、産後の抜け毛は正常なことであり生理現象と同じです。心配や不安はストレスを増長させ、脱毛を悪化させる可能性があります。悩まないことが大事なのです。

Related Posts